経済・社会・政治・文化・芸術・トレンド・セミナー・講演会・ビジネス情報誌は清話会(せいわかい)

 
お申し込みはこちら
入会希望の方
イベント申込(会員)
イベント申込(一般)
お問い合わせ

先見経済

1938(昭和13)年、各界を代表するオピニオンリーダーの執筆協力を得て第1号を出版して以来、時代を先見するビジネス誌として幅広い支持を得てきた『先見経済』。
2017(平成29)年4月号をもって通巻3308号を数えます。毎月1日発行。
ぜひお手にとってご覧ください。

【 先見経済の5つのポイント! 】

  • テーマは「経営に気づきと新たな価値を」
  • 各界のオピニオンリーダーの連載を多数掲載!
  • 東京・大阪にて毎月開催「清話会セミナー」講演録も収録!
  • 激変する社会情勢、政治・経済の今とこれからに鋭く切り込みます!
  • 経営者の経営判断、社内外のコミュニケーションにも役立ちます!
先見経済サンプル
過去の先見経済誌情報を見る

最新号ダイジェスト 最新号の内容(1月1日号 本誌)

  1月1日号 Contents
清話会セミナー講演録
高千穂大学准教授為替アナリスト
「米国中間選挙後の世界経済」
~止まらぬ円安、欧州の電力事情と世界経済への影響~
内田 稔氏

東北大学大学院教授医学博士
「Muse細胞のもたらす医療変革」
~医療格差の解消への期待~
出澤 真理氏

「馬場伸幸新代表と歩むこれからの維新」
~新しい日本を担う維新の戦い~
大阪維新の会政調会⻑ 岡崎 太氏
集中連載
・なぜ、会社がうまく回らないのか?
 自分たちの仕事は何を売っているのか(価値の伝達)
 マイスター・コンサルタンツ株式会社 代表主席コンサルタント
 小池 浩二氏
【増田辰弘が訪ねる清話会会員企業インタビュー】
・メリハリを付け小さな変化を探し出す気配り経営
 会社勤務70年 いぶし銀経営者が統率する
 東京サイレン㈱
 『先見経済』特別編集委員
 増田 辰弘氏
本誌連載
・千葉明の いま、この会社がおもしろい!
 「世界1企業」はダテではない
 金融・株式・経済ジャーナリスト
 千葉 明氏

・「感謝の心」を話に生かす
 感謝の心が生きた上手な説明法
 株式会社HOPE代表取締役
 澤田 良雄氏

・粕取焼酎と近江商人
 長野の杜氏と秋田の山内杜氏
 琉球大学国際地域創造学部非常勤講師
 沖縄国際大学経済学部特別研究員
 田﨑 聡氏

・ニューノーマル時代の礎を築く
 現場主導のデータ駆動経営が成功をもたらす!
 フィルゲート株式会社 代表取締役社長
 青山学院Hicon主幹研究員
 菊原 政信氏

・中堅・中小企業のプレイングマネージャーの仕事術メソッド
 考える社員を育てるアプローチを変える
 マイスター・コンサルタンツ株式会社
 代表主席コンサルタント
 小池 浩二氏

・日本の成長を支える新たな事業承継の在り方
 事業承継をしながら起業する
 各承継パターンの特徴と課題
 クリエイトマネジメント協会
 代表取締役 冨田 智寛氏

SENKEN TIMES
・平成事件簿
 暴力団(上)
 ジャーナリスト 三沢 明彦氏

・ジャーナリスティックなやさしい未来
 障がい者の学びとJリーグという掛け合わせ
 みんなの大学校 学長
 引地 達也氏

・【酒造所訪問レポート】
 日本酒蔵ならではのウィスキー造りに挑戦
 西堀酒造
 『先見経済』編集長 佐々木俊弥氏

・【映画評】
 すずめの戸締まり
 新海監督の真骨頂 アニメ聖地巡礼の布石
 評者:ゲン・マーサー氏
ウェブサイト連載                                ★先見経済ウェブはこちら!
  • 「望年、新たな楽しみヘの取り組み」 澤田良雄氏
  • 「2023 年の経済見通し、リスクシナリオの点検」 武者陵司氏
  • 「攻めの日銀」 武者陵司氏
  • 『百寿はそんなに目出度いことか』(佐々木 学著) 評者:小島正憲氏
  • 「台湾の景気、物価動向等について」 真田幸光氏
  • 「良き人としての出会いの提供」 澤田良雄氏
ご入会・お申し込みフォームはこちらから

先見経済編集方針

  • 毎月1日(年間12冊)発行。
  • これからの日本を築く経営者や経営幹部の方々へ本質を突いた情報を提供いたします。
  • 掲載する内容は、すべて「偏ることのない」記事で提供。特定の主張に誘導する編集はいたしません。
  • 書店では手に入らない「会員限定」のビジネス情報誌として「ホンネの情報」を提供します。

購読費(税込)

  • 先見経済購読会員(年間12冊) 36,000円+税(送料込)。
  • 清話会正会員・法人会員は無料です。
  • 一般の方は1冊 3,000円+税(送料込)でご購入いただけます。

HOME > 先見経済

PAGE TOP